ゴルフドライバーシャフトの選び方!初心者向けの基本とこだわりたい応用編のまとめ!

正しいドライバーシャフトの選び方 特集!

アマチュアゴルファーがゴルフクラブを選ぶ際、自分の好きなプロゴルファーが使用しているブランドや色、デザインから選ぶ傾向があると思われます。
ですが、私の経験上、プロショップでの試打結果を参考に選定するのがベストと思われます。

余程、ゴルフクラブにこだわりを持っている方以外は、装着されているシャフトの性能など表示されていても難しくチンプンカンプンのはずです。

正しいドライバーシャフトの選び方 基本編!

自分に合ったシャフトを選ぶためのドライバー選びの基本

ドライバー選びは自分のスイングの特徴や、球筋を理解した上での選択が最も重要です。
スペックだけでは理解することが難しいのですが、プロショップでの試打時に得られたヘッドスピードや係員からのアドバイス等の情報も大切です。

試打した時の感触を現在使用しているクラブと比較するなど、総合的な判断が最適と思われます。
特にスライサーの方は必ず試打し、自己流で選ぶのではなくプロショップの係員からのアドバイスを参考にするようにしてください。

ドライバーシャフトの選び方を失敗し、永遠のスライサーになってしまったアマチュアを何にも見てきています。
スライサーとして磨きがかかってしまい、同伴者に打ち込んでしまった人も知っています。

スライスショットしてしまい、同伴者のボールをぶつけてしまったイラスト画像

また、これらの情報はドライバーに装着されているシャフト選びに必要な知識や視点を解りやすく理解することにも繋がります。
ドライバーシャフトを選ぶ際に、装着されているシャフトのスペックを参考にしても解かりづらい点が多いのですが、自分のヘッドスピードを参考にするのが良いとされています。

ですから、試打した時に「無理なくスイングできる範囲で、少し重いと感じる」クラブをお勧めします。
それは軽く感じられるクラブは、軽くてヘッドスピードも上がり相性も良さそうに感じられるかも知れませんが、使用している内に「手打ち」になり、かえってスイングの乱れにつながるおそれがあるからです。

シャフトは少し重いくらいがちょうどイイ

クラブの重さはスイングや飛距離を大きく左右させる可能性がありますから、少しでも有利になるようにシャフトも重い方を選択するのが良いとされているようです。
メーカは様々な性能試験からそれなりの実績のある製品を出荷していますので、現在の使用ドライバーよりも「少し重いと感じる」場合は、飛距離アップが期待できます。

ドライバーシャフトの選び方 応用編!

ここ数年ドライバーシャフトにこだわりを持つゴルファーも増えてきているようですが、シャフトの種類も多く、リシャフトするにも迷ってしまいます。
シャフト選びはやはり自分のスイングの特徴や、球筋を理解することからスタートした方が成功率は高くなります。

シャフトの固さ選びのコツ

物理的にドライバーでどのようなスイングに改良したいのかを見つける必要があります。
まずはシャフトのスペックですが、「重さ」、「固さ」「トルク」で表されています。

一般的ですが、ヘッドスピードが43~50m/sほどある早い方は「固め」で「重い」シャフトが有利です。

一方、ヘッドスピードが38~43m/sほどの方は「柔らかめ」が合うと言われています。

つまり、シャフトをしならせるのに大きな力が必要ですからヘッドスピードの速い方は「固め」のほうがタイミングも合いやすいのです。
反対に少し非力な方は、シャフトへの負荷が小さいので「柔らかめ」のほうが有利になるということです。

トルクにもこだわりたい!

シャフトでもう一つ押さえておきたいのは「トルク」です。
これはシャフトの「ねじれ」度合にかかわりますから、スイングテンポの早い遅いで大きく変わってきます。

ボールを打った際の方向で判断する必要があります。
一般的に、女性用に関しましては、LとA2種類の「シャフト固さ」が用意されていますので、試打の結果から判断される方が最良と思います。

尚、ゴルフドライバーのクラブ・シャフト選びは種類が豊富なVictoria Golf(ヴィクトリアゴルフ)をおすすめします。
下記のVictoria Golfオンラインストアを利用してみてください!

正しいドライバーシャフトの選び方 おすすめの通販ページ

シャフトにこだわるゴルフDVD一覧

ゴルフDVDや動画、PDF、マニュアルなどの教材の中にはシャフトにこだわっているものもあります。
それらを下記にまとめましたので、合わせてご覧ください。


【シャフトにこだわるゴルフDVD・教本】


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です