アプローチ

ゴルフ練習法 アプローチ 特集!

ゴルフではある程度のレベルに達すると、アプローチの実力がスコアの差に直接結び付くと言われる程、アプローチの練習・技術の習得は重要です。
特に90を切れるかどうかのレベルになるとアプローチの高度な技術習得が必要になります。

アプローチショットの基本的な打ち方や構え方はもちろん、その場面ごとにうまく打つコツや秘訣を知っておかねばなりません。
その高度な技術は実は簡単に習得できるのです!
ちょっとしたコツを知ってしまえば、それこそ練習して数分でというものもあります。

コンペでは、1打のミスも許されないような緊張を伴った中で打たなければならないこともあります。
そこで失敗をしてしまうと自然と苦手意識を持ってしまうことになります。

逆にアプローチに自信があれば、焦ってしまいがちなグリーン周りでも余裕を持って打つことができます。
その姿は同伴者から見ていてもカッコイイ!!
アタフタしない落ち着いた紳士なゴルファーです♪

あなたもアプローチを極めてみませんか?

アプローチとは!?

アプローチは、どれだけ実践で体験しているかによって大きく違います。
どれだけ実際のラウンドでアプローチを経験したかによって巧拙に違いが出てくると考えられます。

アプローチやパターが上手くなるかどうかは、必ずしも運動能力や身体能力に関係しないので、それほど能力が優れていなくても練習や実践を体験することで上達することが可能だと考えられます。

プロのゴルフプレイヤーで賞金ランキングの上位で活躍しているドライバーの飛距離が出ない選手は、例外なくアプローチやパットの名手です。
アマチュアの場合もドライバーの飛距離が出ない人でも、1パット圏内や2パット圏内に寄せられるアプローチ技を持っている人やパットが上手い人はシングルになることが可能だと思います。

実践のアプローチでは、転がした方が良いのか上げた方が良いのかは判断できないこともあります。
一般的には転がして寄せた方が寄る確率が高いと言われますが、プレイヤーのゴルフの経験年数によって違ってくると思われます。

通常は転がしの打ち方がやさしいと言われますが、ボールのライの状況によっては上げて寄せる方がやさしい場合もあります。
転がしの場合と上げる場合では、クラブも異なります。
転がしの時にウェッジはもちろんですが、寄せる距離によっては9番アイアンから7番アイアンくらいを使う場合もあり、寄せの距離に応じてどのクラブを使用するかを決めます。

上げて寄せる場合も、キャリーを出してランをほとんど出さない場合と、ある程度の距離を打ってその後にランを予測するショットは違います。
キャリーだけを出したい時は、通常はサンドウェッジかロフト角が60度以上のウェッジを使う場合もあります。

アプローチを成功させるためには、ボールのライを判断して転がすか上げるかを即座に決めて、転がすクラブや上げるクラブを適切に選択できることが決め手になります。

このようにゴルフにおいてアプローチはかなり奥が深い分野です。
それだけに疎かにしてはいけませんし、きちんと練習していれば安定してスコアアップができるようになります。
その質の良い練習をするには、動画で学べるゴルフDVDがベストと言えるのではないでしょうか!

アプローチ ゴルフDVD

特に飛距離に自信がないという方はスコアアップにアプローチショットの練習が効果的です。
ドライバーで200ヤード飛ばせなくても60ヤード以内を確実に1オンできれば、90を切ることができます。

ドライバーが得意な人でもアマチュアでは3回に1回は失敗してしまいます。
その点、アプローチショットは、比較的安定しています。
アプローチショットを自分のものにできれば、10回に1回も失敗しないかもしれません。
安定して良いスコアを記録するにはアプローチが重要です!

ここでは、アプローチショットを効果的に学べるゴルフマニュアルや映像付きでわかりやすいゴルフDVDを紹介します!
いずれも購入者のレビューが高く、口コミで人気のゴルフ教材をピックアップしていますので、是非、参考にしてください。

アプローチショット習得にオススメのゴルフ教材

アプローチの技術をわかりやすく、楽しく短期間で学べるアプローチゴルフDVDやマニュアル本をピックアップしました。
アプローチショットの練習は地味ですが、意外と楽しいですよ!

今までそんなことを思ったことがない方でも、ここで紹介しているゴルフDVD・マニュアルをご覧いただければ、きっとそう考えるようになるはずです。
楽しみながらアプローチの技術やコツを習得できます。

アプローチショットは体に負担をかけずに練習できますので、是非、実践してみてください。