ゴルフ飛距離130%ブースターは上田栄民が監修!

上田栄民さんがレッスンしている映像
ゴルフ飛距離 130%ブースター 19700円
ゴルフ飛距離 130%ブースター
9.8
口コミ・評判 9.5 /10
上達・効果 9.8 /10
飛距離・軌道 10.0 /10
著名・信頼度 10.0 /10
コスパ・価格 9.6 /10

上田栄民 ゴルフ飛距離130%ブースター

どれだけクラブを変えてみても、ヘッドスピードが変わらなくて悩んでいる方へ!
60歳を超える高齢の方でもクラブを変えることなく飛距離を伸ばすことに成功した最速の飛距離アップ法に興味がありませんか?

扇形の円弧でしなりを作り、飛ばす。
活かしきれていないしなりを活かして、ヘッドスピードを上げる。

ゴルフ飛距離130%ブースター、この教材を手にすればあなたのゴルフを進化させることができることでしょう。
どのようなゴルフレッスン映像なのかは、下記の動画で少しだけ公開されていますのでご覧ください。

今回はエイミンこと、PGAプロゴルファー上田栄民さんが作成したゴルフ飛距離130%ブースターをご紹介します。

ゴルフ飛距離130%ブースターの評判を口コミでチェック!

ゴルフ飛距離130%ブースター体験者様からいただいた体験談形式の長い口コミをここで公開させていただきます。

ゴルフ飛距離130%ブースター購入者プロフィール

苦手なクラブはドライバー、の私。
簡単にまずは、自己紹介をします。

私自身は、30代の女性、ゴルフ歴4年、月に2回程度ラウンドをしています。
もう何回も90台前半で回っているのですが、どうしても80台が出ないのです。
近くて遠い80台、、、

私、ドライバーが大嫌いなのです。
その主たる理由が、ダウンブロー気味に打ち込み、天ぷらをオンパレードしてしまう事。

2ホールでそれが出ると、怖くてそれ以降のホールでドライバーが握れないという、結構なガラスのハートの持ち主です、私。
ティーの高さを変えてみたり、ボールをもっと左側においてみたり、、、なんとなく即効性のありそうなものでずっとごまかしてきました。
これはドライバーを変えたら解決する問題なのだろうか、としばらく悩んでいました。

しかし、結局は私がドライバーの振り方について、根本がわかっていないという結論に達し、ゼロから1回学び直そうと思いっていた矢先、この教材に出会いました。

スイングは全体像を理解する必要がある!

まず、この教材の凄いところは、スイングを正面、後ろから多方面のアングルを1つの画面で同時に見る事ができる、というものです。
最初に答えを書いてしまいますが、この教材では、インパクトゾーン30センチの円弧の動きがしなりを生み出し、飛距離アップにつながるということをいっています。

そしてなんとなく、似たような話はどこかで見たり聞いたりした事がある、という人が多いのではないでしょうか。
インパクトゾーンという言葉が出てくると、ほとんどの人は、正面からの動きをまずは確認しますよね。

そして、そこまでは間違っていないと思うのです。
手の動きは、正面からの動画で確かに確認はできますが、ゴルフは全身を使った捻転運動です。

上半身と下半身が繋がっているにも関わらず、上と下が別の動きを要求されます。
正しいインパクトの時に、背中、体幹、下半身の動き方がどうあるべきなのか、一緒に理解していく事が必要だと常々思っていたの

ですが、そんなゴルフレッスン本や動画はなかなかありませんでした。
まさに私が1番欲しかったものであり、本当に画期的なレッスン方法だと感じました。

練習方法がわからないゴルフ初心者にもおすすめ

ゴルフレッスンに通っていると、先生が練習ドリルを教えてくれることもあるでしょう。
しかし、自己流ゴルファーにとって、雑誌を読んで、テレビを見て、研究はするものの、とりあえずフルショットで練習という事がほとんどではないでしょうか。

事実、練習場でポイントを絞った、フルスイング以外のドリルをしている人を見ることはかなりレアです。
これはやりたくないのではなく、やり方がわからないためなのだと思っています。

この教材には、回転の動き、腕の動き、それぞれにポイントを絞ったドリルが用意されています。
全てがドライバーの飛距離アップに始まり、アイアンの方向性の良さまでカバーできるものです。
フルショットという完成形ばかりを求める前に、動きを細分化し、1つ1つ順番にマスターしていく事ができる教材となっています。

進化した私のドライバー!

今までの私のドライバーの飛距離は、芯を食うとキャリーで200ヤードほど出ていました。
女子としては、比較的恵まれた飛距離を出せていたのですが、その確率は10パーセント以下。
下手をすると、ショートアイアンよりも飛ばない事があり、カートに乗せてもらえないことも多々ありました。笑

とにかく1ヶ月ドライバーの練習だけをしました。
教材と家の中での素振りの繰り返し。
本当に、本当に地味な作業でした。

そんな私、現在の飛距離は、安定して200ヤード。
綺麗に捕まれば、220ヤード。

あの頃の悩みがすっかりと消え、1打目が気持ちよく進むようになりました。
何より嬉しかったのは、クラブへのしなりの感覚が養えたことにより、他のクラブの方向性もよくなったこと、そして念願の80台が出たことです。
しかもいきなり84!

今まで、どれだけドライバーで損をしてきたのだろうか。
距離がここまで稼げると、気持ちよくゴルフができるんだなと感動しました。

まとめ

社会人ゴルファーは、限られた時間の中で、効率よく練習をする必要があります。
そのためにはまずが知識が必要だと改めて思いました。

むやみやたらにドライバーを振ってもダメ。
皆さんも是非、この教材で飛距離アップと安定の感動を体感してください!

「ゴルフ飛距離130%ブースターは上達しない」という口コミも可!レッスン体験談募集中!

口コミ・レビューでゴルフレッスン商品の評判チェック

ゴルフ飛距離130%ブースターを購入して動画を見ながらレッスンしたという方の口コミを募集しています!
ゴルフ飛距離130%ブースター体験者の方は是非、当ページ下部にあるコメント欄にご投稿願います。

個人情報に関わる部分は削除した上で、口コミとして当ページで紹介させていただきます。
上記のようなゴルフレッスンブログのような体験談形式でも結構ですし、短かいコメントのようなレビューでも結構です。

今のところ上記のような良い評価の口コミしかありませんが、「上達できた」・「飛距離アップした」という方だけでなく、ゴルフ飛距離130%ブースターで練習したものの「上達しなかった」「スコアは改善しなかった」「効果がなかった」というような口コミでも問題ありません。

ゴルフで飛距離が伸びないのはどうして?

どうして飛距離が伸びないんだろう。
ゴルフ仲間に飛距離で置いて行かれる、そんな経験がある方は結構いると思います。
知人はショートアイアンで打っているのに、自分は長いクラブを使っているにも関わらず、飛距離が出せない。

隣でナイスショットを打つ知人の姿を、うらめしそうに眺める自分。
どうしてこんなに差ができてしまったのでしょうか。

ですが、飛距離が伸びないのはおかしいことではないんです。
何故なら、現在の日本で伝えられているゴルフは、古い常識の塊となっているからです。

「飛ばすにはパワーが必要だ」、「腰のキレが大切」、「シャフトの性能でヘッドスピードを上げられる」、「インパクトでスナップを利かせるように」、「日本人は体格的に飛距離を伸ばしにくいのは仕方ない」等、このように古く間違ったままの常識を信じていたら、それは飛距離が伸びるわけがありません。

教材や雑誌の情報にもこの影響が出ていて、シャフトのしなりに焦点を当てたスイング解説がとても少ないのです。
例えあったとしても、右手で押しこむようにとか、スナップを使うという小手先のテクニックによる解説が多いのです。

このような情報しか出回っていないせいで、多くの人がシャフトのしなりを使うことができず、平均ヘッドスピードは42m/sと低くなってしまうわけです。

飛ばせる人と飛ばせない人の大きな違い

シャフトのしなりを活かすためには、インパクトゾーンの30㎝が重要となります。
このインパクトゾーンの30㎝が飛ばせる人と飛ばせない人の大きな違いとなるのです。

グリップとヘッドが平行四辺形を描くスイング軌道と、グリップとヘッドが扇形の円弧を描くスイング軌道の2つがあるとします。

平行四辺形を描くスイング軌道はシャフトのしなりがあまり生まれないスイングです。
一方、扇形の円弧を描くスイング軌道はシャフトのしなりがきっちり活かせるスイングなのです。

このインパクトゾーン30㎝の腕の動作によって、シャフトのしなりが生まれるかどうか差ができます。
これこそ、ヘッドスピードを上げられるかどうかのコツなのです。

では、そのインパクトゾーンで扇形の円弧を描く動作を真似れば良いのかというと、実はこれには罠があります。

雑誌や教材ではスイングの動作が画像、または動画で紹介されていたりしますが、これこそ日本人の多くの方がかかってしまう罠なのです。

画像だと正面からだけだったり、後ろから撮ったものだったりしますが、画像だと平面でしか捉えることができませんよね。

扇形の円弧を描くスイングはゴルフ飛距離130%ブースターの公式サイトでも動画がありますが、これも正面のみでは分からないところに重要なポイントが隠されているのです。

ゴルフ飛距離130%ブースターでしなりを生み出すための重要なポイント

シャフトのしなりを生むために必要な動き、それは身体の横回転の動きなのです。
これは正面から見ているだけでは分からないポイントなので、見逃しやすいのです。

「ダウンブローは縦振りが大切じゃないの?」と、疑問に思う方もいるかもしれませんが、それは間違いです。

ボールをクリーンにヒットさせ、理想的な距離感でアイアンショットやアプローチを行うには横振りのスイングが重要なのです。

そして、横振りの動きはドライバーの時にもしなりを生む重要なポイントとなるのです。
この横振りの動きは平面では捉えることができないので、正面、背面、立体的にスイングを捉えることで正確なスイング動作を覚えることができます。

こうしたことを踏まえてゴルフ飛距離130%ブースターは立体的にスイング動作を学ぶことができる映像教材となっています。

正面、そして後ろから、複数の視点から同時に見る事ができるようになっている教材となっています。
映像では上田プロがいくつもの視点から見えていることを意識して、解説してくれています。

ゴルフ飛距離130%ブースターでしなりを活かすスイング動作をマスターすることで、飛距離が伸びるだけでなく、方向性も良くなるでしょう。
アイアンの距離感も良くなり、ドライバーやショートアイアン、ウェッジなど様々なクラブで効果を発揮できることでしょう。

ゴルフ飛距離130%ブースター監修者である上田栄民のプロフィール

上田栄民さんがレッスンしている映像

ゴルフ飛距離130%ブースターにて講師をしているPGAプロゴルファー上田栄民さんのプロフィールを紹介したいと思います。

日本プロゴルフ協会ティーチングプロA級日本プロゴルフ協会認定ジュニア指導員などの肩書きを持っており、東京や神奈川を中心に7店舗もゴルフスクールを構えており、エイミンゴルフアカデミーの代表として活躍されています。

月刊ゴルフトゥデイ、週刊パーゴルフ、ゴルフダイジェストなど多くのゴルフ雑誌にてレッスン記事を提供。
2017年には月刊ゴルフトゥデイでティーチングプロ四天王の一人として君臨し、分かりやすいゴルフ理論を提示することから出版業界では定評を得ています。

彼のティーチング理念。
それは数多くの方にレッスンを行ってきた経験を活かし、スイングを作るためのコツを、あなたに最適なアドバイスをしながら分かりやすく伝えていくというものです。

ゴルフ飛距離130%ブースターの内容を一部ご紹介!

しなりについての説明はさせて頂きましたが、ゴルフ飛距離130%ブースターはただそれだけを解説する教材というわけではありません。
もっとたくさんのゴルフ知識が大ボリュームで詰み込まれています。

ここではその一部を抜粋してご紹介したいと思います。

  • 飛ばせる人、飛ばせない人の違いは「ここ」で生まれてしまう。
  • クラブヘッドのスピードが出ない人のスイング例を解説。
  • ハーフスイングでもヘッドが走るようになる、“シャフトのしなり”が生まれるタイミングを見る。
  • アドレスの時に飛距離は決まっている!飛距離に繋がるアドレスの工夫とは?
  • もうスタートで固まることはない。クラブフェースで確認できるテークバックスタート時のコツ。
  • フライングエルボー、オーバースイング、シャフトクロスなどに頭を抱えている人のために教えるテークバック時の失敗原因とその対策とは?
  • テークバックをどうすれば良いか分からない方に向けて、ある意識をすることで悩まなくなる手軽なテークバックメソッド。
  • 右へのプッシュアウトやスライスで悩む人の原因はこれだ!下半身リードの落とし穴とは?
  • トップからクラブを縦に下ろすことを意識しすぎていませんか?クラブを縦に下ろすことの危険性を解説。
  • ダウンスイングの時に守ってほしいポイント。
  • 面倒くさがりな人でもやれる、正確なダウンスイングができるテークバックにおける工夫とは?
  • これを理解していないと始まらない、「クラブが立っている」、「寝てる」の正しい理解の仕方。
  • 勘違いしているかもしれない、飛距離を伸ばすためのクラブシャフトを寝かせたスイングとフラットで正確なスイングプレーンの作り方とは?
  • 雑誌の写真の落とし穴!野球のサイドスローから学ぶ、テークバック、ダウンスイングの八の字軌道。
  • 高齢者の方はキャリーよりランで攻めよう!真横からボールにパワーを伝えるランの出るボールを打つ方法。
  • 円弧を描きインパクトを作る!グリップエンドとクラブヘッドの位置関係を理解する。
  • イメージをすることで理想のインパクトを習得できる!理想のグリップ位置を手に入れるためのイメージのコツ。
  • ボールにパワーを伝えるインパクト、パワーが伝えられていないインパクトの差が分かる再現映像。
  • ボールが左に行ってしまう人は、一つのことを意識することで左にボールが行かなくなる、ボールが左に行ってしまう原因と対策。
  • プロゴルファーのようなかっこいいフォロースル―はどのようにしてできるのか?意識しなくても自然とできるようになる方法とは?
  • テニスのスイングから学ぶ、正しいフォロースイングを作る方法。
  • 自分のスイングのダメなところが分かる、一目でダメなスイングが分かるスローモーション映像。
  • 体力がない人でも実践できる!スイングをもっと速くする骨盤の動きとは?
  • 下半身の動作を短時間で身に付ける完全マスタードリル。
  • ドライバーとアイアン、短いクラブでスイングって何が違うの?ドライバーもアイアンも同じようにしなりを使えるようになる工夫とは?
  • アプローチの時も同じスイングで大丈夫!アプローチのポイント解説。
  • 同じスイングでバンカーも攻略できる!距離感を間違うことなくバンカーショットを打つ方法。
  • バンカーやアプローチの苦手を克服する扇形横振りドリル。
  • 5分で全て復習できるまとめ映像。

ゴルフ飛距離130%ブースターで正しく飛距離アップする方法とは

ゴルフ飛距離130%ブースター”がお手元に届いたら、まずは通しで映像をご覧になってください。
1回目は正面からの映像を中心に見るようにしてください。

そして、2回目は右上に表示されている後方から映している映像を見るようにしてください。
この正面と後方の両方の映像から学ぶことで、スイングを立体的に捉えられるようになります。

3回目に見る時は、正面か後方、自分がイメージしづらいと思った方を中心に映像をご覧になってイメージを固めていきましょう。
この教材を3回見る頃には、扇形の円弧を使えるようになり、横回転のスイングをマスターし、飛距離も伸びていることでしょう。

練習場で実践した時には、これまでのヘッドスピードとの違い、シャフトのしなりを実感できるでしょう。

ゴルフ飛距離130%ブースター動画の特典

ゴルフ飛距離130%ブースターは、約1時間1分の映像教材となっています。
オンライン上で閲覧することができます。

ですので、インターネットが繋がる環境ならば、パソコンだけでなくスマホなどでも見ることができますし、閲覧回数に制限はないので何度でも自分が気になるところを見直すこともできます。

それだけでなく、この教材を購入することで、いくつもの特典が付いてくるのです。

横回転の動作を完全にマスターする映像付きドリル

縦のスイング動作ではシャフトのしなりを生むことはできません。
これまで縦のスイングこそダウンブローを生み出すと勘違いして覚えてきた方にとって横回転の動作は、一度覚えたものを変えることになるのでなかなか難しいことです。

そこで、そんな方達のために横回転の動作を完璧にマスターできるドリル映像が特典として用意されています。
このドリルでシャフトのしなりを生み出せるようになり、距離感に合わせたアプローチも習得することができます。
この特典映像は2分23秒の動画となっています。

扇スイングドリル映像

この特典はゴルフ飛距離130%ブースターでも使われている映像であり、飛距離アップのためのドリルです。
このドリルをするだけでも210ヤード程度しか飛ばすことができなかった方でも、250ヤード程度飛ばすことができるようになります。

ゴルフをしているとスランプに陥ることもあるでしょう。
そんな時、このドリルを数回実践するだけで伸び悩んだ飛距離が改善できるでしょう。
この映像特典は2分5秒の動画となっています。

見ているだけでも上手くなれるスイング映像

この映像特典は、ゆっくりしたスイング、実際にボールを置いてのスイング、イメージトレーニングの参考になるスイングなどが収録されています。

ゴルフ飛距離130%ブースターの教材内用に作ったスイングイメージ映像なので、これを繰りかえり見ているだけでも、本編の内容を復習することができます。
この映像特典は4分20秒の動画となっています。

上田栄民プロが実際にスイングしています。
それらを見続けることで脳内に刷り込ませるイメージ!

ヘッドスピードを上げて飛距離を出すための正しいスイングを焼き付けましょう!

amazonや楽天での販売はない!

ゴルフ飛距離130%ブースターはゴルフDVDではないので、ゴルフレッスンDVDやゴルフスイング習得DVDが多数販売されているamazonや楽天でも販売されていません。
下記のゴルフ飛距離130%ブースター公式サイトから購入しましょう!

ゴルフ飛距離130%ブースターをお得にネット購入しましょう!

ゴルフ飛距離130%ブースターは、上記でご紹介した通り特典を含めて5つがセットになって販売されています。

  1. 本編ゴルフレッスン映像
  2. 横の動き完全マスタードリル
  3. キャッチボールドリル
  4. 扇スイングドリル
  5. 見ているだけで上達するスイング映像

ゴルフ飛距離130%ブースターは、公式サイトのネット販売でしか購入することができないゴルフ動画教材です。
価格は19700円となっています。

ネット購入は下記から行うことができます!

▼▼ゴルフ飛距離 130%ブースターのお得な購入窓口▼▼
ゴルフ飛距離130%ブースター 販売ページへ
 ↑  ↑
スマホやPCでこちらをクリック!

ゴルフ飛距離130%ブースター 販売会社情報

ゴルフ飛距離130%ブースターというゴルフレッスン動画は、上田栄民プロが自ら販売している訳ではありません。
下記のように販売会社が存在します。

販売業者 さくら電子出版社
販売者名 小野敬人
販売者住所 新潟県新潟市中央区大島108-32
TEL 080-7004-1361
メールアドレス ono@ktojapan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です